てんやわんや年子育児中。

かわうそ(母)が、タロ(2歳4ヶ月)、ジロ(10ヶ月)の子育てに翻弄された記録。

年子の食事リズム 〜タロ2歳2か月、ジロ8か月現在〜

タロの食事は1日3食+間食が2回。
ジロはまだ8ヶ月なので2回食。
タロの朝食と夕食の時間に一緒に食べる。

…と言うのは建前である。

基本的にタロもジロもあまりご飯を食べない。
飽きたり眠くなったりで中断することも多い。


ます、タロの朝ご飯について。

朝ご飯を1/3〜半分位を自分で食べる。
食べ終わると、エプロンを外して手を拭いて遊び始める。

ここで終わりにすると、もれなく1時間後に食べ物くれと催促が入る。
朝ご飯の残りを渡すと、少しだけ食べてまた遊び出す。
更に1時間後に食べ物くれと催促が入る。
また朝ご飯の残りを渡すと、少しだけ食べてまた遊び出す。
タロの自主性に任せると、昼ご飯まで延々と食べ物くれ攻撃から逃れられない。
天気がいい日は午前中遊びに行くので、その時は何も言わないので良いのだが、天気が悪く家の中で過ごすことになると、本当に延々とくれくれ言われる。

面倒臭い時は催促覚悟で終わりにするが、大概は遊んでいるのを追いかけ回して、食べ物を渡すなり口に入れるなりして出来るだけ食べさせる。

最後まで食べさせれば、昼間で食べ物を渡さないで済むが、なかなか上手くいかない。
頑張って食べさせても食べずに、1時間後…ってのもままある。

一方のジロ。
タロの朝ご飯と一緒に1回目を食べる。
なかなか口が開かない。
豆椅子の上でぐるぐる回ったり、椅子食べたり。
やはり全然進まない。
一口で終わったときもある。

食後の授乳をあげなくても何も言わないので、本気でお腹すいていないのだろう。

と言っても、これじゃご飯の練習にならないので、1時間後かお昼ご飯の時に再チャレンジし、用意した分の8割くらい食べさせる。
昼時は、朝よりは食べることが多い。

だからと言って、昼夜の2回食はアレルギーが怖くて移行に踏ん切れない。
そんなに新しいものあげてもないけど、何となく。


タロの昼ご飯。
朝ご飯の残りが多ければそれ、少ないorない場合は新しい食事を出す。
大概朝ご飯より食べる。
完食もままある。
お昼は比較的優秀。

ジロは、朝ご飯食べなかった場合は、ここで食べさせる。
大体完食か8割位は食べてくれる。
タイミング逃すと1口、2口の時もある。
その時は本気で泣く。

朝ご飯しっかり食べたときは、特になし。
週に2回あれば良い方。

お昼寝を挟んで、タロは昼ご飯の残りを食べたり、完食してればおやつ食べたり。
ジロは特になし。

夕飯は、朝ご飯と同じ感じ。
タロは食べるだけ食べさせた後追いかけて、ジロは動いてる中食べさせて。

これでも、タロは大分ましになったほう。
ジロもタロの小さいときはこんなだったかな?って感じ。

食べる子が羨ましい…