てんやわんや年子育児中。

かわうそ(母)が、タロ(2歳4ヶ月)、ジロ(10ヶ月)の子育てに翻弄された記録。

石鹸をかじられた。

普段は旦那がタロジロのお風呂当番なのだが、昨日は飲み会だったため、かわうそが入れた。


いつもは先にジロとお風呂に入って、入れ終わってからタロとお風呂に入っているのだが、タロとお風呂に入っている時にジロが終始ギャン泣きでかなり可哀想。


暖かくなって来たことだし、試しに一緒に入れてみた。
何となくどっちも洗い終わって、ジロを先に着替えさせて、タロは風呂場で待っててもらった。


しばらくすると、タロが苦い顔をしてこっちを見た。
手にはなぜか泡がついている。


とてつもなく嫌な予感。


石鹸を確認すると、なぜか粉々。


多分、タロがいたずらしてその内の1つを口に入れたのだろう。


と言うのも、タロには前科があるのだ。


ジロが産まれる2か月前くらいの1歳4ヶ月頃、一緒に風呂に入った際に自分が先に着替えてタロを風呂場で待たせていたら、石鹸にかじった跡が2つ。


その時は確か不味くてギャン泣きしたから気づいたはず。


それから、悪さしないように気を付けていたんだけど、慣れないことをして注意が行き届かなかった…。
かじった跡があった後は石鹸を触ることすらしてなかったから、油断した…。
最近は、風呂のお湯を桶ですくう遊びが気に入ってて、昨日もやってたからと安心してた…


完全に失敗。


タロさん、申し訳ない…。


ちなみに、石鹸食べた際は牛乳を飲んで胃を保護するのが良いらしい。


今回も前回も牛乳をコップ1杯あげてます。


詳しくは↓で。
JSDA 誤飲誤用の応急処置
(社)沖縄県薬剤師会−こどもの誤飲誤食220番−石鹸、ボディーシャンプー類