てんやわんや年子育児中。

かわうそ(母)が、タロ(2歳4ヶ月)、ジロ(10ヶ月)の子育てに翻弄された記録。

2歳3ヶ月、パン焼きにハマる。

と、言ってもおもちゃの話ですがね。



一昨日トイザらスで遊べるようになってた『アンパンマン かまどでやこう♪ ジャムおじさんのやきたてパン工場』にタロがどハマり。





延々とパンをかまどに入れて焼いて取り出して、パンをかまどに入れて焼いて取り出して。



何かに取りつかれたように延々とパンを焼き続ける。



普段ならキャッキャッ言いながら遊ぶのに。
パン焼きだったら、「アンパンパン(アンパンマン)」とか、焼けた時に「うぉー」とか言ったり、拍手したりするはずなのに、ほぼ無言。



かまどにパンを入れると音楽が流れるから待って、音楽が止まったらパンを取り出して。



ともかく黙々と。



はまりすぎて帰るのも一苦労。
帰る?と聞いても、首を横に振るだけ。
帰るよーと言ってもガン無視。
仕方がないので、カートに無理矢理乗せてその場を離れるしかなく、もれなくギャン泣き。



そんなにパンを焼きたいのかい…。



乗り物系ならタロは前から好きだから何となく分かるのだが、なぜパン焼き…。




そんなにハマってるなら…奥の手を考えるしかない。



実はアンパンマンパン工場のおもちゃは、姪っ子ちゃんのお古が義実家に置いてあって、時期になったら貰える事になっていたのだ。



良かったぁ…。



正月も姪っ子ちゃんとアンパンマンパン工場のおもちゃで遊んでたけど、その時は全く食いつかなかったのになぁ。



丁度別件で義実家行く予定もあったので、もらってきました、『いらっしゃいませ!ジャムおじさんのやきたてパン工場』。



タロ、やっぱりどハマり。



1日中パンを焼き続けてました。



パンを入れて出して入れて出して。
何が気に入ったのか全く分からないけど、楽しそうだからいいや。