てんやわんや年子育児中。

かわうそ(母)が、タロ(2歳4ヶ月)、ジロ(10ヶ月)の子育てに翻弄された記録。

何かと買うものが多い

社会復帰が決まったので、アウトレットに遊びに行ったついでに買わなきゃなぁ…と思いつつ先延ばしにしていたものを手にいれた。



1.名刺入れ兼定期入れ


名刺を頻繁に使うような仕事じゃないので、名刺入れの中に定期を入れて使っている。
名刺入れの役割1割、定期入れの役割9割。
もしかしたら、定期入れの割合はもっと多いかもしれない。



今までのは社会人1年目に買ったので、1○年使っていた。
革製のではあったが、味があるを通り越して真っ黒。
端っこは破けてるし、全体的に張りがない。



近くから見るとかなり痛んでるが、ぱっと見分からないので、そのまま使っていた。
タロの産休に入る前から買い替えたかったけど、何となくいいのが見つからなかった。
お休みに入ってからはほとんど使わないしなぁ…で新しいのを探しもせず。


復帰するにあたり、流石にこれを使い続けるのは…と思い新しいのを購入。



2.折りたたみ傘


今までのは半年前くらいに骨が折れた。
無いと不便だなぁとは思っていたが、仕事していた時に持ち歩き用の骨が折れた傘とは別に置き傘用があったので、それで代用していた。



突然の雨とかでしか使わないので、本当に安い折りたたみ傘。
個人的に普段持ち歩くには、ちょっとちゃちいなぁとは思っていたけど、わざわざ新しいのを用意しなくても…と買わずじまい。



やっと買う口実ができたので、新しいのを購入。



仕事してないと、買わない理由を探して買うのをやめることが多い。
今買うべきじゃないとか、なにかで代用できるとか。


働いていないことの後ろめたさより、今買って会社に戻るときにぼろぼろで買い直すのはなぁ…ってのが強かった。


そもそも、仕事で使うの前提で買うものと、完全プライベートで買うものはデザインとか予算が全然違うし。


入園準備でもお金がかかるけど、自分の社会復帰にも費用が必要そうです。